Log.log(work)

いろんな作業メモ

Gtk-WARNING **: cannot open display: で怒られた

コンソール越しに言われても。

そんなときはこのコマンド

unset SSH_ASKPASS

参考:

コンソール越しに git コマンドから Gtk-WARNING **: cannot open display と怒られた時 - Qiita

git submodule

外部リポジトリを自リポジトリに持ってきて参照できるしくみ。

[Add submodule] submoduleを別ブランチに追加する場合

  • When you command ‘git clone’

.gitmodulesファイルがあれば、そこに記述されているrepositoryをsubmoduleとして取り込む。

  • When you command manually ‘submodule add’

手動でsubmoduleを追加する場合は以下のコマンドで追加する。

$ git submodule add url/xxx.git [フォルダ名]

[Edit submodule] (取り込んだ先から)submoduleを編集する場合

取り込んだsubmoduleディレクトリに移動し、別ブランチを作成してcommit & pushする。

  • example
$ cd common

$ git checkout -b work

修正したらadd & commit & push

$ git commit -m "common update"

$ git push origin work

repositoryに修正内容を反映し、取り込んでいる各repositoryを更新する。

[Update submodule] submoduleが最新になった場合

下記のコマンドで取り込む。

git submodule foreach git pull origin master

[Delete submodule] submoduleを削除する場合

取り込んだsubmoduleを削除する場合

  • example (hogeがsubmoduleである場合)
git submodule deinit hoge
git rm hoge

json2csvめも

Express でアプリを作ったときにCSVをDLする機能があったのでjson2csvを使ってみたら思いのほか楽だった。

json2csv

model.js

const jsonbody ={
  {
    "key1":"value",
    "key2":1,
    "key3":"2017-05-22",
  },
  {
    "key1":"value2",
    "key2":2,
    "key3":"2017-05-23",
  },
};

const csvdata = json2csv({ data: jsonbody, fields: Object.keys(jsonbody[0]) });

routes.js

    res.setHeader('Content-Type', 'text/csv; charset=shift-jis');
    res.setHeader('Content-Disposition', `attachment; filename=download.csv`);
    res.write(csvdata);
    res.end();

javascript いろいろ

メモ:

  • 配列内の数値を合算したい
mapData.map(o => o.total).reduce((prev, current) => prev + current);
  • 日付を操作するmomentについて

format?型?が違うと操作できないので、ISOじゃないといわれたら素直にnew Dateする。

const a = moment().format('YYYY/MM/DD');

// aの一ヵ月後
const b = moment(a).add(1, 'months').format('YYYY/MM/DD'); // 怒られる
const c = moment(new Date(a)).add(1, 'months').format('YYYY/MM/DD'); // OK

あと、ローカル時間をUTCに変換する場合はこんなかんじ。

const d = moment().utc().format(); // formatすれば現地時間に直してくれる
  • スラッシュをはずす
const beforeStr = '2017/05';
const afterStr = beforeStr.replace(/\u002f/g, ''); // 201705
  • こまったときの
<%= JSON.stringify(data); %>
  • IEの空href 回避 

IEだとhrefに何も指定がないとリンク先が親ディレクトリになるという良く分からないことがおきるため、 hrefには何かしらいれること。

<a href="javascript:void(0)">
  • ES6の場合for of、そうでない場合はforEachを優先的にかく。

  • オレオレ回避

export NODE_TLS_REJECT_UNAUTHORIZED=0

と教わったがAPIを操作するパラメーターに

rejectUnauthorized: false

を追加したほうがスマートかな。

.bowerrcの設定例

デフォルトのディレクトリではなく、指定の場所にインストールしたいときはdirectory設定。
registryは入れておいたほうが吉。
あとよくproxyにひっかかるので。
(環境変数に入れてるはずなんだけどなぁ。。

  • example
{
  "directory": "public/components",
  "json": "bower.json",
  "registry": "http://bower.herokuapp.com",
  "proxy":"http://user:pass@proxy.com:port/",
  "https-proxy":"http://user:pass@proxy.com:port/"
}

YYYY/MMからYYYYMMにしたい

momentを使っていればformatで変えられるけど、

直前の処理で正しい日付であることが担保されているので単純に正規表現をつかってみたり。

const yyyy_mm = '2017/05'

const foo = moment(yyyy_mm).format('YYYYMM');
console.log(foo); // 201705

const hoge = yyyy_mm.replace(/\u002f/g, ''); // スラッシュ=u002f
console.log(hoge); // 201705

 
const hogehoge = yyyy_mm.split('/');  // スラッシュの前後の値が配列としてそれぞれの要素に入る。
console.log(`${hogehoge[0]}${hogehoge[1]}`); // 201705

オブジェクトの判定

Javascriptで中身がないオブジェクトを判定する際のメモ。

const hoge = {};

空でもIFで判定するとtrueになる。

if (hoge) { // true

}

中身がないことを判定するにはキーの数がゼロかどうかで見分ける。

if (Object.keys(hoge).length === 0) {

}